【新サービス】工賃向上を支援する「工賃向上指導員」の派遣

会員事業所 施設長 殿

一般社団法人茨城県心身障害者福祉協会 
事務局長 戸島 正巳 

 

工賃向上を支援する「工賃向上指導員」の派遣について

 日頃から、共同受発注事業の推進につきましては、格別のご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、茨城県共同受発注センターでは、「工賃向上指導員」と共に、幅広い視野で一緒に工賃向上に取り組む、独自の新しい取り組みを実施することに致しましたので、ご案内させて頂きます。
 当センターでは、官公庁や民間企業を訪問し、各施設に案件を紹介するサービスを実施してきました。加えて、会員事業所に対して、様々な案件を受け入れることの出来る体制作りも支援させて頂きたいと考え、新しい取り組みを始めることと致しました。
 次に記載しておりますとおり、経営・労務の専門家である「工賃向上指導員」の派遣を無償でさせて頂きます。工賃向上について強い関心を持たれている会員各施設の皆様には、積極的なご活用をお願いしたいと思っております。何卒よろしくお願い申し上げます。

工賃向上指導員から

ご挨拶:一緒に工賃向上に取り組みませんか?

 会員の皆様方の事業所が、今後さらに発展するためには、今までの事業の良い部分は残しつつ、時代の流れを積極的に取入れた運営を行っていく必要があると考えております。
 当センターの新サービスとして、私、軽野が、皆様と一緒になって、工賃向上に繋がる取り組みを支援していきたいと考えております。私は、経営・労務に関する業務に長く携わっております。この機会に、一緒に工賃向上活動に取り組みませんか。皆様の、積極的な連絡をお待ちしております。

取り組み方・留意事項

  • ご連絡を頂き次第、各施設に訪問し、状況をお聞き取りの上、課題に応じた支援を致します。
  • 当センターの共同受注専門家、活動強化員、農福連携アドバイザーとも連携して支援を行います。
  • ご支援期間及びご支援回数に上限はありません。
  • 各施設の成果が出るまで又は納得がいくまで実施します。
  • お試しでの申込も歓迎します。費用は一切かかりません。

具体的アドバイス(例)

 Ⅰ 事業所の経営目標
   経営理念、目標、役割についてみんなで明確化します。
  1.経営理念について
  ・「事業所がやってきたこと。又は、やろうとしていること。」を今一度考え、 掘り下げます。
   ・実現可能であるか。皆がやる気を起こさせるものか。施設の特色を表現したものか。
  2.目標の設定について
  ・事業所の目標、管理者の目標、職員の目標の方向性が一致しているか。
  ・目標は具体的か、目標は測定可能か、目標は意欲的か、目標に期間設定はあるか。
  3.管理者、職員の役割について
  ・各自は、何をすればよいか。何を求められているか。
  ・各自は、やりがいをもっているか。役に立っているか。
 Ⅱ 事業所の収入対策
   次の点に留意して共に考え、支援します。
  1.収入増加策
  ・作業そのものの生産性を上げること。
  ・新たな仕事に取組むこと。
  ・なるべく単価の高い仕事を受注すること。
  2.基本報酬の単価増と新加算(人員配置体制、目標工賃達成指導員配置他)
  3.就労系事業所助成金(キャリアップ助成金、人材確保等支援助成金他)
 Ⅲ 事業所施設の人材獲得、人材定着
  施設の基本である人材の育成を支援します。
 ・知ってもらうこと。思いを伝えること。働きたいと思ってもらうこと。
 ・事業所内労務管理の最適化への見直し

工賃向上指導員のプロフィール

特定社会保険労務士 中小企業診断士 ITコーディネータ
  軽野 圭二  (カルノ ケイジ)
Tel/Fax : 029-834-2251
携帯   : 090-4747-7940
E-mail : 2227tevj@jcom.home.ne.jp

   ※令和元年度就労継続支援B型の訪問件数は30件を超える。

専門業務

■経営コンサルティング

  • 生産性向上、新事業展開、IT導入等の経営支援
  • 中小企業施策補助金活用支援
  • 事業承継支援
  • 農業経営、農業生産支援

■人事・労務コンサルティング

  • 就業規則、賃金規程、退職金規程等の作成・見直し
  • 人事、労務管理に関する相談・解決
  • 雇用、労働分野の助成金活用支援
  • 個別労働紛争解決手続あっせん代理

« 前のページに戻る

Webからのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ 029-243-3022